ぐうたら映画評論ぶろぐ

最新映画や過去の素晴らしい映画をピックアップ、のんびりと解説していきます。たまには映画に全く関係ない事も書くかもしれません。笑  本ブログで人生観変わるような良い映画に出会えますように♪

記事を書いてからプールに二日に一日ペースで通っています。
もともとポップコーン食べ過ぎによるぽっこりお腹が解消の為に始めたダイエットはまずまずの感じです。ちょっぴり小顔になったような気がします。w
泳ぎ方が慣れてないせいかクロールはほぼ無酸素運動に近いような感じで苦しいです。

さて、今回は映画ではなく人生観が変わると多くの人が感激したあの作品について、評論していきたいと思います。その名も「イエスマン」です。

主演はマスクでもお馴染み、ジムキャリーの作品です。私は個人的に彼の作品は大好きですね。カナダ出身でおちゃめな彼ですが、幼少期からコメディアンになるのが夢だったらしいです。w

イエスマンは監督ペイトンリードによって2008年に描かれた作品です。もっと昔の作品と思っていましたは案外最近でした。主人公で銀行員カールはいつも憂鬱な生活を送り、基本的にはノー!!が口癖の自堕落な生活を送っていました。それは仕事や友人の誘い、個人融資の審査等様々です。イエスマンという題名には反した序盤ですね。この設定が後半の旨味を引き立てるわけですが。


そしてカールの転機となったのは何とも怪しいセミナーに参加してからの事。。。
オ◯ムやアム◯ェイを連想してしまう内容に少し笑みがこぼれましたw宗団全員がノーは一切言わずにイエス!!で応えるという謎すぎる宗教ですね。ちなみにこのセミナーの紹介者である知人のニックは「イエスマンになって人生が変わった!!お前もやれよー!」みたいなテンションでカールを引っ掛けるわけですが、カールも判断能力を失っていたのでしょうね。w

しかも、面白い事に教団関係者のお偉い人?から「イエスと応えなければ災いが起こるぞい。。。」と脅されるカール。その場ではイエスマンとして生きる事に誓いを立てるカールだが、それでも内心カールは信じませんでした。この辺りまでは現実でも有りそうで無い段階ですねww


そして、その後の展開が面白い。


カールはホームレスから車に乗車させて欲しいと懇願されるが、教祖と共に行動していた為、「イエス!!」と言わざる追えない状況に。まぁ私でもこれぐらいだったら言っていたのしれません。そして次々と押し寄せる「イエス!」という機会を掴んできたカールは素敵な女性に出会い、ビジネスも上手くいき始める。

こうなるともう、謎の宗教にどっぷり浸かっちゃいますよね。人間が洗脳されるパターンも同じらしいですね。思考判断に鈍い状態から苦しい思い→報酬を繰り返す事で洗脳できちゃうらしいですwその後の内容は割愛しますが、この後カールは調子に乗って何でもイエスと返答し、変質者として警察のお世話になる事に。。。w

続きは予想外の展開になるので、まだ視聴してない方は是非一度は見られる事をオススメします!!(*・ω・)ノ




最近プールに通っています。水泳は良いですね。
ジョギングに比べ熱中症になる事も無いですし、何より楽しみながら運動できます。

水中は陸上よりも、抵抗がありますので健康的にシェイプアップ出来ます。消費カロリーもバカにならず。ジョギングを30分クロールすると約250kcal消費するのに対し、クロールを30分すると280kcalは消費します。さらに筋肉痛にならないという利点もあるので、これは非常に良いですね!

映画ばかり観て過ごすのも贅沢ですが、近くに市民プールがある場合は行ってみては?(・∀・)つ
まぁ、人が多いんですけどねw

今回は15年程前に公開された映画になりますが、水泳に因んで「オープン・ウォーター」をご紹介します。w
監督はクリス・ケンティス。この映画もノンフィクション作品で実際にあった話です。ジョーズは完全フィクションであるため、とにかくサメの迫力を過大に捉えている作品でありますがこのオープンウォーターに関しては、リアルさを追求した作品と言えるでしょう。

元となった事件の事を話しますと、1998年1月、ルイジアナ州の夫婦がオーストラリアにあるグレート・バリア・リーフ(世界最大のサンゴ礁地帯)でスキューバーダイビング中に仲間と離れる。仲間はひどい事に2人がいない事に気づかず、そのまま帰ってしまうのである。

その後、2人がいなくなった場所で捜索が行われるのだが、2人の姿はとうとう見つからなかった。
ネットで落ちている情報を集めたのですが、どこにもサメに襲われた話しがありませんね。。
もしかしたら単に波にさらわれただけかもしれませんし、溺れて漂流しているのかもしれません。

真相は分かりませんが、サメに襲われたのならばこれは本当に恐ろしい。。。
沖縄にダイビングはたまに行くのですが、こんなサメ映画をみた後だとどうしても後ろめいてしまいますねww

さて、映画の内容はと言うと、あらすじは上記の実話から大体の予想はできるとして、、、
少ない制作費から生まれた作品にしては良く出来ています。
しかも上映時間はたったの80分程度ですが、エンタテイメント性が凝縮されています。

上映時間中はとにかく手に汗握ります。客を飽きさせないハプニングが間髪入れずに飛んでくるので、間の使い方が非常に上手いですね。子どもの頃にみていたらきっとトラウマになっていたでしょう。。

それでも、この映画はジョーズと比較するならば、人間を都合良く襲うよう調教されている本物のサメが水中での人間の無力を文字通り体現できている点が見所ではないでしょうか。そして、恐怖に怯える主役の顔に注目です!また、ストーリーもしっかりと分かりやすく組み立てられているので見やすいです。

と言うことで、このめちゃ暑い日が続く中でプールで泳ぐのも良いですが、オープンウォーターのようにいろんな意味で涼しい映画を鑑賞なんていかがでしょうか。

現在、米朝の軍事的緊張が非常に高まっていますね。グアムを目標としたミサイルは島根、広島、高知上空を通過すると報道れていますが、愛媛はどうしちゃったんでしょうか。愛媛を通過せずにグアムに到達させるのは地図的に難しいのでは( ´_ゝ`)ノもしくは北朝鮮の軍事技術があまりに高いので、ミサイルの軌道が凄まじいのでしょうか笑

8月10日、トランプ大統領は北朝鮮が発表したグアム周辺ミサイル着弾計画に対し、怒りの声明を発表しました。「グアムに何かすれば北朝鮮でみたこともないような事が起こる。」これまで軍事的報復に至る境界線はあやふやにされて来た感じはありますが、今回は具体的軍事行動を指しているので今回は本気だと思います。

北朝鮮サイドも核実験を行えば米国からの攻撃が来るのは理解しており、実験を行わなかったのは本音のところ、有事を望んでいないからだと思います。それでも、一度進んでしまった道。退路はもはや残っていません。

北朝鮮は金一族を通して、これまで米国に負けない軍事力を身につける事を国家の目的として団結し、金一族が国を統率してきたわけですが、突然ミサイル開発を中止するならば彼の権威が削がれるどころか、統率なんてもっての他になります。水を失った魚です。。無論、一般国民は平和で人間らしい生活を心の底で望んでいるはずですが。

グアム計画は8月中旬までに完成させるそうですので、今後の両国の動きに注目ですね。私的にはそもそもこのような情報をリークさせている時点でまだまだ心理戦の領域なのかな、と思います。


世界情勢が危ぶまれる中、今回は有事の悲惨さを再認識できる映画、ハクソー・リッジをご紹介します。
監督は「アポカリプト」を手がけたメル・ギブソン。

あらすじを簡単に。第二次世界大戦中、沖縄戦で75人の命を救ったデスモンド・ドスの実話を描いた戦争ドラマです。デズモンドは宗教的信念に染められ、人を殺めてはいけないという意思を戦時中に貫き、上官や同僚達から敬遠され、ついには軍法会議にかけられます。家族に助けられ、武器を持つ必要のない衛生兵として参加します。

対する日本兵は捨て身の特攻自爆攻撃を繰り広げ、やがて米兵は苦戦し一時撤退。しかし、撤退命令が降ったのにも関わらずデズモンドは敵味方関係なく、治療を施していく。


戦争ドラマは外れ作品があまり無い印象ですが、本作も当たりのようです。
というかこの作品、ノンフィクションで実話作品なんですね!戦場シーンも視聴者が戦争の恐ろしさを体感できるほどリアルに仕上がっています。爆弾により肉片が飛び散るシーン等は凄まじく、衝撃的です。。

既に上映は終了した作品ですが、DVD化された際は一度は視聴価値ありな映画です!!

今年は蚊に全然刺されない、という記事を書いた翌日にがっつり4箇所刺されました。

香取線香をベランダに設置しているのですが、全く効いてる気がしません。w
それと無から生まれてきていると言われているコバエですね。
あやつらは果たしてどこからやってくるのでしょうか。1匹見つければ翌日には2匹、翌々日には4、8、16匹と。。。倍々で増えて行きますね。しかも人間の前で優雅に飛ぶもんですから、イライラしますねww
実は奴らは家の外から侵入し、卵を一度に大量に産み付け、更に卵から成虫までの期間が短いので凄まじい繁殖力を持っています。しかも適温は20~25℃と室内であれば年中繁殖できますね・・・



今回は珍しく、日本のアニメの紹介しますね。
それは現在公開中ながらそこそこの評価を得ている「メアリと魔女の花」です。
公開されてちょうど1ヶ月程経ちますが皆さんはもう見られましたか?

監督は元スタジオジブリ社員で「借りぐらしのアリエッティ」や「思い出のマーニー」を手がけた米林宏昌氏です。同じく、「思い出のマーニー」プロデューサーの務めた西村義明氏も元スタジオジブリで働いており、本作の制作総指揮者に抜擢されています。本作はお二人にとってのスタジオジブリの卒業記念作といったとことですかね。
ところで制作総指揮者とはどのぐらいのポジションなのでしょうか。まぁ
監督の方が決定権は高いと思うのですが( ´∀`)つ

Yahoo!映画では評価が3.1とまずまずのようです。
実際に映画をみた人のレビューとしては「アニメ特番として楽しめた」「ジブリらしいファンタジー」等ポジティブな意見から始まり、「ストーリーが薄い」「声優が良くない」等々の意見が書き込まれていました。

まず、映像技術に関してはやはり進んでいて、実写かと思わせるぐらいの出来になっておりますね。予告を見てもそれは分かります。そしてストーリーに関してですが、田舎に引っ越してきた少女メアリ森の中で7年に一度しか咲かないと言われる禁断の花を見つけます。(この辺はトトロ感が出てますねw)
しかし、その花は魔女の国から盗み出された花で、「禁断の魔女の花」でした。メアリは魔女となり、魔法世界の最高学府、エンドア大学に入学する事になりますが、メアリがついた嘘が原因で起きた大事件へメアリは立ち向かう。

あらすじが基本に染まった感じで、分かりやすいと言えば分かりやすいですがジブリ映画を見慣れているジブラーにとっては少し物足りないと感じてしまうかもしれませんね。
但し、これがスタジオジブリの作品であれば評価はより良い方法で傾いていたと感じます。
しかし、米林監督には米林監督の良さが当然あり、独特の世界観が広がっています。ちなみに恩師である宮崎先生はなぜか「俺は観ない」と申しているそうですw弟子の作品観るのは恥ずかしいのですかね?w

そんなこんなで色々と話題のメアリと魔女の花。
お時間のあるジブリ好きの方は一度鑑賞される事をオススメします(・∀・)つ

突然ですが、今は夏のド真ん中という事でまずは夏の風物詩の一つである蚊に関する豆知識をご紹介します。それは「蚊に以前よりも刺されなくなったなぁ」と思われている方、ストレスが溜まっている証拠です。

というのも、蚊さんは人間が出す炭酸ガスや温度、乳酸に反応して刺すそうですので、動きの激しい方などは刺されやすいです。逆に人間はストレスを感じると蚊が苦手な物質を出すそうですね。

そういえば今年は刺されない、ストレス溜まってるのか・・・というか蚊さん自体が減少しているような気がするのですが、私だけでしょうか・・・?

本日ご紹介する映画は、現在絶賛上映中「トランスフォーマー 最後の騎士王」です。
(申し訳ありません。この映画実はまだ見てないのです。w)

ただ、前作まではしっかりと見てるので、調べるのめんどい情報等を記載し、みなさんがいち早く劇場に足を運びたくなるような記事を頑張ります。w

さて、監督は毎度おなじみの巨匠、マイケルベイ様です。本作で5作目になりますが内容は前作のトランスフォーマー/ロストエイジの続きになります。1作目が2007年に公開されており、大体2年に一回新作が出ているようですね。そして本作は元々ある程度のヒットが見込めなかった場合、続編を制作する気がサラサラなかったとの事。それをこの10年目5作目のレジェンドムービーに仕上げたマイケルベイさんは流石と言わざる得ません!!(*^・ェ・)ノ

キャストについて・・・
主人公は前作と同じくマーク・ウォールバーグ演じるケイド・イェーガーです。みなさんはサムとどちらがお好きですか?私的には一般人オーラ出まくりのサム派でしたw
そしてなんと、本作ではレクター博士で有名なアンソニー・ホプキンスも参戦!!!これは楽しみですね。
1作目から3作目まで登場していたレノックス少佐も再登場するそうです!!4作目で出なかったので少しばかり心寂しい気持ちになりましたが、これは嬉しい情報でしたw

予告を見ましたが、トランスフォーマーは前作通して映像技術はやはりすごいです。妥協は一切ナシ!!というベイ監督の意気込みが伺えます。
映像をさらに楽しむためのコツはブルースリー師匠に学ぶ。
「Don't think.Feel.」
考えるな。感じろ。まさにそういった感じです笑

もはやSFアクションの金字塔とも言える存在になったトランスファーマー。
日本では劇場公開から1週間も経っていないので、まだ一度もこのシリーズを見た事ない人はTSUTAYAで全作を借りて観てもまだまだマニアイマスヨ。

熱い夏を過ごしたい方は必見です!!!
というか、お盆休みと被っているので興行収入もかなり期待できそうですね。ベイさん。

↑このページのトップヘ