どうも。
今回は健康に関する記事をまとめて、健康ブログ風に書いて見ようかと思います。
テーマは健康に最も関係している「血管年齢」についてです。
皆さんは血管年齢は、普段気にされていますでしょうか?
気にされている方ならば一回は血管年齢測定をされた事があるかと思います。

そして、実年齢よりも10歳も上だという事を知ってショックを受けた方、沢山いますよね。
そこで本日は血管年齢に関する知識、若返りのための改善策をお伝えできれば幸いです(・∀・)つ


まず、血管年齢とはそもそもなんぞや?という方のために説明しておきますと、
血管年齢とはズバリ「動脈硬化の進行度合いを測るためのバロメーター」です。

もっと噛み砕いて言えば血液がどのぐらいドロドロになっているかを表すのに用いられる指標です。
そしてこの血管年齢が実年齢よりも高いまま放置して置くと、血管がボロボロになり、詰まったり破れたりするわけです。その末、心筋梗塞や脳梗塞に繋がリマス。

この血管年齢の重要さがわかったところで、血管年齢が上がる原因を以下に。
血管の老化が進む原因として食生活、就寝時間を含めた生活習慣は勿論のこと、老化が主に関わっています。特に、動脈効果は悪玉コレステロールが増えることで血管に張り付き、障害物となっているのですね。

まとめます。もう少し噛み砕いて、以下の5つが血管年齢を高くするための主原因と言われています。

1.喫煙
2.過剰ストレス
3.運動不足
4.食生活(肉の過剰摂取)
5.アルコールの過剰摂取

皆さん気をつけましょう。
そして気になる血管年齢を実年齢に近づける方法はというと・・・


はい。超簡単ですが、上記原因と真逆の事をすれば良いわけです。
簡単ですね。言うだけは。。。w


もっとポイントを絞ってお伝えします。
一番重要なのは食生活の改善です。塩分過剰摂取の方は野菜を沢山食べてカリウムを摂取しましょう。
また、魚を食べると良いです。テレビなどでも良く紹介されているDHAや、EPAを摂取すると血液サラサラになると言われています。そしてこのDHA、EPAを多く含む食物は魚というのは周知の事実ですが、
意外にもマグロ(トロ)に豊富に含まれているとのこと。続いてイワシや鯖がオススメです。

マグロ(トロ)はあんなに美味しいのに、生活習慣病の予防に最も良いとは。。。ちょっと意外ですね。

そして、生活習慣病の予防としてはやはり「適度な運動」をやるべきですね。
とにかく!!有酸素運動です。先の記事にもあげた水泳がやはりオススメです。筋肉痛になりませんし、泳ぎ方を間違えなければ長時間有酸素運動できます。

超簡単にまとめましたが、動脈硬化は特に60歳以上に起こりやすいと言うので早い段階から対策しておきたいですねヾ(´ω`=´ω`)ノ